ワンポイント

ここではナガイトレーニングクラブをもっと楽しむためのワンポイントをご紹介します。

 ストレッチトレーナー4

最後は鼠蹊部のストレッチとヒップ、脚、腰を伸ばすストレッチです。

EPSON DSC picture

ハンドストラップを装着して、バーの下を順手で持ちましょう。

両脚の裏を合わせてパッドの上端に乗せます。

腰を後ろに引くと鼠蹊部のストレッチです。

EPSON DSC picture

次はヒップ、脚、腰を伸ばすストレッチです。

左側を伸ばす場合はバーの上部を順手で左寄りに持ちましょう。

脚は右側の方に寄せて腰を後ろに引きます。

反対側の脚も同様に行います。

気になった方は是非とも使ってみてくださいね。

 

 

ストレッチトレーナー3

今回はももの前と後ろを伸ばすストレッチを紹介します。

EPSON DSC picture

ハンドストラップを装着して、バーの下を順手で持ちましょう。

伸ばしたい方の足を前に出して、腰を後ろに引くとももの後ろを伸ばすことができます。

続いてももの前側のストレッチです。

EPSON DSC picture

シートを後方に倒します。ハンドストラップを装着してバーの横を持ちましょう。

パッドに足をかけて、反対側の膝を曲げます。

少し体重をかけるだけで気持ちよく体を伸ばすことができるのでオススメです。

 

 

ストレッチトレーナー2

今回もストレッチトレーナーの種目を紹介します。

EPSON DSC picture

安全の為にハンドストラップを装着します。バーの上を逆手で持ち、腰を後ろに引きます。これが背中のストレッチです。

EPSON DSC picture

次はバーの上を持ち、腕を交差させます。この形では肩を伸ばすことができます。

見た目では違いが分からないと思われるかもしれませんが、持つ場所などにより伸ばされる場所が変わってきますよ。

使用されたことのない方はお試しあれ。

 

 

 

ストレッチトレーナー

クランチボードの隣にあるこのマシンの名前は「ストレッチトレーナー」と言います。

どう使うの?と聞かれることがありますので、その使い方を紹介します。

EPSON DSC picture EPSON DSC picture

ハンドストラップを装着して、バーの上を持ち腰を後ろに引きます。これが腰のストレッチです。

EPSON DSC picture

もう一つ!!今度は臀部のストレッチです。片足を反対側の膝の上に乗せて腰を後ろに引きます。

体重を後ろに乗せるだけで気持ちよく体を伸ばすことができますよ。

まだまだ、ストレッチの種類もありますので、気になる方はスタッフまでお声がけください。