お知らせ

「ランニングトラックのお花」(9月17日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

赤いお花は「鶏頭」です。ニワトリのトサカに似ていることから”ケイトウ”と呼ばれ、花房の先端が平たく帯状や扇状に大きく広がり、よく目立つのが特徴です。 真っ赤なトサカを持ち、胸を張って歩く雄鶏に見えることや、ドライフラワーにしてもあまり色あせないことから”おしゃれ、気取り屋、色あせぬ恋”といった花言葉が付いているそうです。

丸いふわふわのお花は「千日紅」です。千日紅のピンクや白の部分は花びらではなく苞葉といって花、蕾を包んでいた葉ことだそうで、本当の花の部分は白く見える小さな部分だそうです。

薄いピンクのお花は「フジバカマ」です。花の色が藤色で、花弁の形が袴のようであることからこの名前がついたそうです。茎や葉を乾燥させると桜餅のような香りがするそうです。

3枚目の写真上の赤いお花は「彼岸花」です。別名を”曼珠沙華”といい、花言葉は”情熱、独立”です。花が咲き、その後から葉っぱが伸びるそうです。その葉と花を一緒に見ることがない性質から”葉見ず花見ず”と言われているそうです。

今回もとってもきれいに飾って頂いるので、ぜひ実際に見てみてください。

 

 

「ランニングトラックのお花」(9月9日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 

今回飾って頂いたお花は、「スカシユリ」です。中部地方より北の海岸や砂地、崖、岩場に自生していることにちなんで、”イワユリ” ”ハマユリ”といった別名もあるそうです。花言葉は、”飾らぬ愛、注目を浴びる”です。

右の葉は「ソケイ(素馨)」です。ソケイとは中国の美人の名前に由来しているそうです。花の色が白く”素”、良い香り”馨”がする花という意を語源とする説もあるそうです。

手前の小さいお花は、「ソリダコ」です。”私に振り向いて、永遠の少年”という花言葉があります。たくさんの蕾が付いていて、小さな黄色いお花を咲かせるそうです。

ランニングトラックにお花が飾ってあるとやっぱり華やかで良いですね。

 

「ランニングトラックのお花」(7月10日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

今回飾って頂いたお花は「スカシユリ」です。スカシとは”透かし”のことで、花びらの根本のあたりが少し細くなっている為透かして中が見えるので、この名がついたそうです。スカシユリは上向きに花を咲かせることが特徴です。

枝は「イヌマキ」です。”イヌ”とは、元の種に比べて劣るという意味があるそうです。これは、古くは杉の木を”マキ”と呼んでおり、木材としては杉の木に劣るということから名付けられたそうです。常緑性の針葉樹で、雌雄異株(しゆういしゅ)というメスの木とオスの木に分かれた樹木になるそうです。

夏らしくてきれいなオレンジ色のお花ですね。

「ランニングトラックのお花」(6月15日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 

今回飾って頂いたお花は「スイレン」です。”睡蓮”は夕方になると眠るように花を閉じることにちなんでつけられたそうです。未の刻(午後2時頃)に花を開くことにちなんで、”未草(ヒツジグサ)”という別名もあるそうです。

少し前までは咲いていたのに次に見たら花が閉じているなんて驚きました!!

 

「ランニングトラックのお花」(6月6日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 

白と紫のお花は「ホタルブクロ」です。キキョウ科ホタルブクロ属で、英語では”Bell flower”(鐘の花)というそうです。ホタルブクロの由来は、ちょうちんの古名を”火垂る”というのでそれが語源になったといわれているそうです。黒紫色のお花は「カラー」です。ギリシア語の”カロス(美しい)”が語源といわれています。その他にも、花びらに見える大きな仏炎苞が修道女の襟に似ているという説もあるそうです。実は、花は内側にある黄色い棒状の部分で、花びらに見える部分は仏炎苞といってガクが変化したものだそうです。

紫の部分が花びらだと思ってたのでびっくりです。

「ランニングトラックのお花」(5月29日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

  

白いお花は「オリエンタルリリー」です。オリエンタル系のユリは大輪の花、芳しい香りと美しい色で知られています。花言葉は”高貴”だそうです。

緑の枝は「イブキ」です。イブキの葉は2型あるそうです。普段見かける葉は細くて丸いヒモ状のもので、これは細い枝にうろこ状の葉が十字対生(上から見ると十字型に見える)したものですが、木が老木になると緑白色の針状の葉を3枚輪生(1つの節に3枚以上葉がつく)、または十字対生させた枝が出るそうです。

前回もご紹介した「カンパニュラ」ですが、花言葉の”感謝、誠実、節操”はカンパニュラの花のかたちを教会の鐘になぞらえて、教会での教えにちなむとも言われているそうです。

今回飾って頂いたカンパニュラは紫色ですが、色が変わるとまた違って見えますね。

「ランニングトラックのお花」(5月18日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 

ピンクのお花は「カンパニュラ」です。”小さな鐘”を意味するカンパニュラは、風鈴のようにふっくらとした花の形と優しい色合いが特徴です。「風鈴草」や「ツリガネソウ」ともいうそうです。

白い花は、「スプレー菊」です。枝分かれして1本の枝に複数のが咲くのが特徴です。

まだ咲いていませんが、黄色いお花は「ソリダスター」です。ソリダコ属とアスター属との属間雑種で、両方の名前をとってこの花名がついたそうです。

横に伸びている枝は「ヒメミズキ(姫水木)」です。「日向水木」とも言われるそうで枝は細くたくさん分岐し、半球状の整った樹形になります。花は葉が出るよりも早く3月下旬に2~3個の丸みのある黄白色の小花が花序になって、数多く下垂するそうです。

素朴ですがとても可愛らしいお花ですね。

 「ランニングトラックのお花」(5月6日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

  

紫のお花は「スターチス」です。花持ちがよく、ドライフラワーとしてよく使われるそうです。花言葉は”変わらぬ心、途絶えぬ記憶”乾燥しても色あせないことに由来しているそうです。

黄色いお花は「スカシユリ」です。多くのユリは下や横向きに花を咲かせますが、スカシユリは上向きに咲くのが特徴だそうです。花びらを大きく広げ、花の中が透けている姿にちなんで”注目をあびる”という花言葉がついています。

白いお花は「キク」です。菊という漢字は中心に向かって巻き込むように咲く花の形を、手のひらに米を置いて握った様子にちなんだものだそうです。

夏らしく鮮やかで明るいお花でとっても素敵ですね。

「ランニングトラックのお花」(4月24日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 、

今回飾って頂いたお花は「ジャーマンアイリス」和名ではドイツアヤメといいます。虹の花とも呼ばれるように、色とりどりの花を咲かせアイリスの仲間では最も華やかで多くの品種があるそうです。4~5月頃に白、黄、紫などの花を咲かせるそうです。花の中央部には2枚の花びらが直立しています。ぜひ実際に見てみてください。鮮やかで綺麗なお花ですね。

 

「ランニングトラックのお花」(4月18日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 

今回飾って頂いたお花は、「アリアムリーキ」と「キンギョソウ」です。観賞用ネギで、ユリ科の球根植物ネギやニラの花に似ていることから「アリウム」という名前がついているようです。

「キンギョソウ」は花が金魚の姿や口に似ていることからこの名前がついたようです。”おしゃべり、でしゃばり、おっせかい”といった花言葉は口をパクパクさせて話しているような花姿に由来しているそうです。

茎が曲がっていてとっても特徴的なお花ですね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(3月28日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

  

今回飾って頂いたお花は、「桃の花」です。桃は女性のシンボルとされることから、”私はあなたのとりこ、気立ての良さ、天下無敵”といった花言葉があるようです。ちなみにこの時期に咲く梅、桃、桜の花の見分け方ですが、先端の丸い花が梅、尖っているのが桃、割れているのが桜です。花の咲き方や幹にもちがいがあるようです。ぜひ実際に見て花びらの形など確認してみてください。

 

 

「ランニングトラックのお花」(3月17日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 

今回飾って頂いたお花は「彼岸桜」です。春の彼岸の頃に開花するので彼岸桜と言われ、葉より先に淡紅色の花が開くそうです。彼岸桜は他の桜より早く咲くことから、”独立、精神美”などの花言葉が付けられたそうです。

一足はやく桜が見られました。

 

 

「ランニングトラックのお花」(3月4日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 

白いお花は「キク」です。白い菊の花言葉は誠実、真実です。窮まるといいう言葉が語源で”一年の最後に咲く花”という意味だそうです。

ピンクと黄色のお花は「スプレー菊」です。スプレーは枝分かれの意味で複数の花が咲いています。白い菊と見比べるとちがいがよくわかりますね。

手前の黄色いお花は「ガーベラ」です。キク科のお花で花全体と色ごとに花言葉があるそうで、全体の花言葉は”希望、常に前向き”といった言葉です。黄色のガーベラは”究極美、親しみやすさ”だそうです。明るくて温かみのある色の花が咲くことから付けられたというのが由来だと言われています。

今回飾って頂いたお花は全てキク科だそうです。華やかで素敵なお花ばかりですね!

 

 

「ランニングトラックのお花」(2月20日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 

今回は2つ飾って頂きました。

左の花瓶は「東海桜」です。3月に咲く桜で、花言葉は”優れた美人、精神美”です。花にはほのかな香りがあるそうです。

  

下の葉は「ユーカリ」で花言葉は”思い出、記憶”だそうです。香りのよい葉が疲れや不安を癒してくれます。

「ヒペリカム」という赤い実のついたお花は、夏に黄色い花を咲かせて、その儚く散る姿から”悲しみは続かない”という言葉を持ち、その花を散らせた後には、赤いかわいらしい実をつけていく姿から、きらめきという言葉も持つそうです。

上に伸びている枝は「トサミズキ(土佐水木)」といって、みずきという名前が付いていますがマンサク科だそうです。枝からぶら下がるように黄色い花を咲かせるそうです。

黄色いお花は「シンビジウム」で、四大洋蘭の1つです。花持ちが良い為お祝いごとに向いているそうです。

前回もご紹介した「チューリップ」「スイートピー」「カーネーション」も一緒に飾って頂いています。今回もとても綺麗に飾って頂いたので、ぜひ実際に見てみて下さい。

 

 

「ランニングトラックのお花」(2月10日)

 

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花を紹介します。

 

赤いお花は「スプレーカーネーション」です。前回ご紹介したスプレーバラと同じく茎が枝分かれした先に花を咲かせます。スプレーカーネーションの多くは八重咲きの花ですが、中には一重咲きがあるそうです。

白いお花は「グラジオラス」といって、葉のかたちが剣に似ていることからこの名前が付いたそうです。

「キバデマリ(黄葉手鞠)」は本当はアメリカテマリシモツケというそうで、名前の通り、黄色味の強いライムグリーンの新葉が特徴だそうです。

まだまだ寒い日が続きますが、春のお花を見て気分も暖かくなりますね!

 

 

「ランニングトラックのお花」(1月27日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

 

黄色いお花は「スプレーバラ」です。スプレーとは枝分かれの意味で、バラは1本の茎に1つのバラですが、スプレーバラは1本の茎に複数の花が咲くそうです。

赤いお花は「チューリップ」で、チューリップの花びらは蕾からほんの少し開いたくらいが一番美しいとされているそうです。

「紅七変化柳」は冬芽の柔毛が春には紅色~黄色に変わり大変美しい品種だそうです。

どれも春のお花らしくきれいで可愛らしい色合いですね。春が待ち遠しいです。

 

 

「ランニングトラックのお花」(1月16日)

こんにちは、五十嵐です。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

 

オレンジのお花は「ガーベラ」で、オレンジ色のガーベラの花言葉は冒険心、我慢強さだそうです。

右の枝は「木いちご」です。基本的には1本の枝で枝分かれはないそうです。

ピンクのお花は「ストック」です。茎や幹という意味でこの植物の茎が太く丈夫であることに由来するといわれます。

カラフルで可愛いですね!!

 

 

「ランニングトラックのお花」(1月5日)

こんにちは、ハギちゃんです。

皆様昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。

松田様に正月の飾りをしていただいたので紹介させていただきます。

  

正月とは歳神様を迎えて豊作を祈る行事だそうです。その飾りつけには意味があります。

一年中葉を落とさない松は不老長寿の象徴とされ大変縁起が良いものとされています。

中央にある水引は人と人を結びつける意味合いがあるそうです。

飾りつけの意味を知ってからみるとまた違って見えますね。

 

 

「年末年始の営業について」(12月29日)

年末年始の営業時間をお知らせします。

12月30日(土) 10:00~14:00 (短縮営業)

12月31日(日) 休館日

1月1日(月) 休館日

1月2日(火) 休館日

1月3日(水) 10:00~14:00 (短縮営業)

1月4日(木) 休館日

1月5日(金) 10:00~22:30 (通常営業)

以降、通常通りの営業になります。

 

今年は大変お世話になりました。

来年も皆様の来館お待ちしております。

 

 

「ランニングトラックのお花」(11月17日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

 

ピンク色の花は「ユリ」です。この品種は白とピンクの色合いがいいですね。小さい花は「キク」です。黄色の菊と白とピンクの菊では花の形が異なります。見比べると面白いですよ。

とげのある実がなっている植物は「フウセントウワタ」です。風船唐綿と書きます。

 

この実は割れて綿毛と種が出てきます。ふわふわです。ちなみに実のとげは柔らかくて触っても痛くないです。すごくインパクトのある形で目立ちますね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(11月7日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

  

ピンク色の花はカーネーションです。母の日のお花としてのイメージが強いと思いますが、花の色によって花言葉は異なります。ピンクの花は「女性の愛」「熱愛」といった花言葉です。情熱的ですね。ちなみに母の日に贈る赤は「母への愛」です。

上に延びている枝は「サンゴジュ」です。この植物からなる赤い実がまるで珊瑚のようなのでこの名前になったそうです。

黄色い小さな花を咲かせている植物は「ソリダコ」です。小さい花が周りを目立たせています。遠くからだとわかりにくいかもしれませんが可愛らしい花を咲かせていますよ。

 

 

「ランニングトラックのお花」(10月27日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

  

白い花は「カサブランカ」ユリの女王です。

赤く多くの茎をもつ植物は「ホウキギ」です。ホウキソウと呼ばれることもあります。ちなみにこの赤色は紅葉によるものです。

ピンクの実がなっている植物は「ピンクバナナ」です。バナナですが観賞用で生食には適さないとか…

エキゾチックな雰囲気で目をひきますね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(10月18日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

  

黄色い花は「バラ」です。華やかな色でひときわ目立ちますね。ピンクや紫色と白のグラデーションの花は「カーネーション」です。母の日の贈り物として有名ですね。

薄いピンク色の花はスプレー菊です。菊らしい特徴のある葉をしています。

紫色で斑点のある花は「ホトトギス」です。同名の鳥がいますね。その鳥の胸にある斑点が花にある斑点に似ていることからホトトギスという花の名前になったそうです。

カラフルな花の色は曇り空の多いこの時期の雰囲気を変えてくれますね。

 

「ランニングトラックのお花」(10月10日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

  

濃いピンク色の花は「百日草」です。長い間花を咲かせていることからこの名前になったそうです。メキシコ原産の植物で、その種類も多いのだとか。

「バラ」は薄いオレンジ色のものとピンクと白がミックスされたものがあります。園芸用のバラの色合いはとても綺麗ですね。ちなみにオレンジ色のバラの花言葉は「絆」です。大切な人へのプレゼントにピッタリですね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(10月3日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

 

今回飾って頂いた植物は「コスモス」です。漢字で書くと秋桜となります。その理由は秋ごろ花を咲かせる桜に似た花を咲かせる植物だからだそうです。そのまんまですね。

全国にはコスモス街道と呼ばれる場所が何カ所かあるそうです。深谷市のコスモス街道を通ることがあるのですが、この時期はにぎやかになります。これから紅葉も始まりますので植物を見るのが楽しみな時期になりますね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(9月25日)

こんにちは、いしわたです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花をご紹介させていただきます。

今回飾って頂いたのは赤茄子、菊芋、吾亦紅、アナベルです。赤茄子ってトマトなんですね、大変勉強になりました。それぞれ花言葉は「感謝」「陰徳」「変化」「ひたむきな愛」です。野菜も花瓶に飾ると可愛いですね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(9月10日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

  

「鶏頭」という植物です。その色と燃える炎のような形が鶏のトサカに似ていることからこの名前になりました。

その花言葉はおしゃれ。他の花にはない特徴的な形なので納得です。夏が終わり、装いも次第に変わっていくこの時期にピッタリな花言葉ですね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(9月5日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

  

白とピンクの花を咲かせている植物は「ユリ」です。ユリは品種が多く、様々な色や模様の花があります。この品種はやさしい色合いで香りがあります。品種にはいろいろと名前があるので調べてみると面白いですよ。

その他「ヤマブキ」や「ペパーミント」といった植物があります。まだまだ暑いこの時期、ペパーミントのような涼しさを感じさせる植物を見ると爽やかな気分になりますね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(8月23日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

 

アスターという植物です。花びらが多くかわいらしい花を咲かせます。キク科の植物らしくスプレー菊によく似ています。

似ている花の種類を覚えるのは難しいですね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(8月7日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

  

「デュランタ」という紫色の花を咲かせる植物です。紫色の花の落ち着いた感じは涼しさを感じさせますね。暑い夏にぴったりです。

また、秋にはオレンジ色の実がなるそうです。季節により違った表情が見られますね。秋の表情も見てみたいです。

 

 

「ランニングトラックのお花」(7月22日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

  

青い花は「セージ」、花びらに模様のある花は「アルストロメリア」、赤やピンクの花を咲かせているのは「百日草」です。

白い花は「フロックス」という植物で花魁草とも呼ばれています。その花言葉は「温和」「協調」です。主張が強くなく周りにとけこんでいるような感じからそうなったのでしょうか。

周りを際立たせる地味な役割も大事ですね。

 

 

「ランニングトラックのお花」(7月5日)

こんにちは、ハギちゃんです。

ランニングトラックに飾って頂いているお花の紹介です。

  

ピンク色のお花は「カーネーション」です。白とピンクがとても綺麗なグラデーションになっています。母の日の花として知られていますが、この時期でも花を咲かせていることにビックリです。

薄紫色のお花は「スターチス」です。よーく見ると星形の花が集合していて可愛らしい形をしています。ぜひその形を近くでご覧下さい。

淡い色のお花の組み合わせは心が落ち着きますね。